読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazonの利用は、三井住友VISAカードのポイントUPモール経由で

マイル獲得の計画・活動 買い物案件

f:id:ana-tsuma:20161107214402p:plain

ネットショッピングを利用するにあたって、Amazonを利用している方は多いのではないでしょうか。私も、ここ数年、Amazonは頻繁に利用しています。今年の9月からポイントサイトを活用するようになり、書籍はハピタス堂書店を利用したり、その他の商品はポイントサイト経由で楽天市場やポイント還元率の高いショップなどを利用する機会は増え、Amazonの利用がその分、少し減りました。しかし、Amazonの利用はゼロではありません。Amazonは、ポイントサイト経由でポイントがつくことが少ないですが、三井住友VISAカードのポイントUPモール経由でポイント獲得ができます。

スポンサーリンク
 

 

妻のことも考えて、Amazonも利用する

先日も、妻があるものを欲しいと言ってきて、送ってもらったURLがAmazonでのページでした。私の妻も、私と同様に、結婚する前からAmazonをよく利用しています。そのため、インターネットで商品を探す時も、しばしばAmazonで探します。

ポイントサイト経由で他のショップで購入した方がポイントが多い場合がありますが、1,000円~2,000円の金額だと、獲得ポイントは数十円相当です。小さな積み重ねも大切ですが、ここは妻の意向を大切にし、Amazonで購入することにしました。

妻と一緒にパソコンの画面を一緒に見ながら、Amazonでもポイントがもらえることを、妻に説明です。こうやって、妻と一緒にポイントを貯める活動をすることで、妻の理解を深め、妻の協力体制を強化させていきます。家族がある方は、皆さん同じだと思いますが、家族の協力なくして、SFCの取得を目指したり、ANAのマイルを貯めたり、ポイントサイトでポイントを獲得する取り組みは、難しいのではないでしょうか。

SFC取得の旅に出ること。保険相談でファイナンシャルプランナーを家に呼ぶこと。同時に、私の時間が2~3時間拘束されること。FX口座に一定の金額を振り込むこと。個人情報を取り扱うこと。家族の理解を得ておくことは、たくさんあります。理解をしてもらい、そして、協力的な態度をとってもらうことは、家族持ちにとっては、とても重要なことなのです。

 

三井住友VISAカードのポイントUPモール

三井住友VISAカードは、独自のポイントサイト「ポイントUPモール」を持っています。一般的なポイントサイトと同じで、ポイントUPモール経由で、提携先のオンラインショップにアクセスし、商品購入などをすると、2~20%程度のポイントがもらえます。

三井住友VISAカードのワールドプレゼントポイント対象カード限定ですが、ANAマイルを貯めるために、私のように、ANA VISA ワイドゴールドカードを所有されている方は、もちろん対象です。

Amazonは、他のポイントサイトでは案件として滅多に出てきません。しかし、三井住友VISAカードのポイントUPモールでは、Amazonの利用でもポイントが獲得できます。

 

ボーナスポイントは、1,000円あたり4.45マイル

三井住友VISAカードは、通常1,000円のカード決済で、1ワールドプレゼントポイントが獲得でき、カードを10マイルコースで申し込んでいれば、1ワールドプレゼントポイントが、ANAのマイルが10マイルになります。

しかし、ポイントUPモールからの追加ポイントは「ボーナスポイント」という名称で獲得します。これは、ワールドプレゼントポイントとは別のポイントになります。ボーナスポイントは、通常のワールドプレゼントポイントとは異なり、1ポイントで3マイルの獲得になります。ただし、直接マイルに変換するのではなく、Gポイントからソラチカルート経由でマイルに変換すると、1ポイントあたり、4.45マイルに変換できます。

1ボーナスポイント→4.95Gポイント→4.95メトロポイント→(90%)4.45マイル

Amazonは、ポイントUPモール経由で購入すると、現時点で1%分追加のボーナスポイントが獲得できるため、1,000円あたり4.45マイル多く獲得できることになります。マイルとしては大きくはないですが、チリも積もればなので、もしAmazonを利用する場合は、ポイントUPモールを経由しましょう。

 

妻が、Amazonで購入したかったものは、ヤマザキナビスコ「RITZ」というビスケットです。「ナビスコ」ブランドのライセンス契約が切れることで、8月末で製造が終了されてしまい、他社が販売を継続するようです。ただ、味も変わるらしく、今のRITZがいいのだと妻は憤慨し、Amazonで見つけて購入することになったのです。妻のお気に入り商品やお店は消えていくという都市伝説は、またも現実のものとなったのです。

他のANAマイラー系ブログ一覧を見る
  にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ