「ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB」の申し込み

f:id:ana-tsuma:20161022225454j:plain

ANAのSFC取得のために必須のクレジットカードが「ANA VISA ワイドゴールドカード」でした。もうひとつ必須と言われるクレジットカードが、「ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB」です。ソラチカカードの方が最重要と言う方もいます。そう言われる理由は、私にも理解できました。ポイントサイトでポイントを貯めて、ANAマイルに変換するためには、なくてはならないカードなのです。

 

妻は、朝起きた時に、目が疲れていると、よく言います。寝ている間に着用する目の疲れをとるためのアイマスクを購入し、さっそく装着して寝ました。朝、私が目を覚ますと、隣で寝ている妻のアイマスクがずれていて、独眼流正宗のように片目が出ていました。なんかいいなと思うんです。

 

必須である理由

各ポイントサイトで貯めたポイントは、最終的にANAマイルに変換するわけですが、この「ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB」を持っていると、東京メトロのポイントである「メトロポイント」経由で、90%の還元率(100ポイント→90マイル)となります。このルートを使わないと、50%の還元率(100ポイント→50マイル)というのが、一般的な目安になります。

つまり、このソラチカカードを持っていなければ、仮に、色々なポイントサイトで20万円相当のポイントを貯めたとしても、10万マイル程度になってしまいます。しかし、このソラチカカードがあれば、20万円相当のポイントは18万マイルに変換できます。8万マイルもの差が出てしまうわけです。

だからこそ、「ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB」は、必須カードと言われます。私も、申し込みました。

 

マイルの価値

先ほど、20万円相当のポイントが18万マイルになると記載しました。だったら、20万円に換金した方が得じゃないか、と思いませんか?

私も、このSFC取得を目指そうと思って、色々なブログを調べ始めた最初の時、そう思いました。調べていくうちに、そうじゃないことがわかりました。大きく分けると、SFC取得を目指す方と、そうではない方です。

SFC取得を目指す方

ANA SKY COINに変換して、航空券代に当てるのが基本です。SKY COINで購入できるのは、ANAグループ便のみですが、SKY COINで購入した航空券は、マイルやプレミアムポイントも通常通りに付与されます。マイルをそのまま特典航空券に変えて搭乗すると、プレミアムポイントが貯まらないので、SKY COINに変換して、航空券代にするということです。

そして、ANAゴールドカードを持っていて、50,000マイル以上を変換する場合は、1.6倍になります。ANAブロンズサービスメンバー以上であれば、1.7倍になります。しかし、プレミアムポイントを30,000ポイント以上貯めなければ、ブロンズメンバーになれないので、SFC取得の前半では無理なので、ここでは1.6倍で考えますが、18万マイルは、SKY COINで288,000円相当の価値になります。20万円以上の価値になります。

SFC取得を目指さない方

ANAのマイルを、特典航空券にしたり、ホテル予約にしたり、ANAのショッピングサイトで買い物に使ったりと、様々な使い方が考えられます。まだ、知識も浅いため、ざっくりとお伝えすると、国内航空券であれば、1マイルは1.5~2.5円程度の価値になり、国際航空券であれば3~10円以上の価値になります。

とてもわかりやすいブログ記事がありましたので、参考にリンクを貼らせていただきます。

特にファーストクラスでのフライトなどは、非常にお得になります。陸マイラーさん達が、マイルを貯めてファーストクラスに乗る、というような書き方をされるのも納得です。私も、機会があるなら、ファーストクラスに乗りたいですが、普通にお金を出しては乗れないので、やはり可能性があるとしたら、SFC取得後のANAマイルで乗る、という選択肢でしょうか。

いずれにしても、18万マイルが30万円にも、100万円以上の価値にもなる、ということです。


各ポイントサイトなどで貯めたポイントは、他のポイントサイトなどを経由しても、最終的に、ソラチカカードを保有して「メトロポイント」経由で、ANAマイルに変換する、というのが王道です。ソラチカルートと呼ばれたりもしているようですね。

よって、SFC取得のための航空券代を抑えるために、ANAマイルを貯めるのであれば、ソラチカルートは必須となり、「ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB」の保有が必須と言えるのです。

 

ソラチカカード申し込み

私は、JCBのウェブサイトから、直接、申し込みました。なぜなら、私が申し込むタイミングでは、ポイントサイトになかったからです。過去には、ポイントサイトにも出ていたようですが、たくさんの申し込みによって、JCBも費用をかけなくなったのか。いずれにしても、私は、直接の申し込みをしましたが、ぜひ、ポイントサイト経由があれば、このカード申し込みでも、ポイントは獲得しておきましょう。「どこ得?」のウェブサイトで検索できます。

申し込みで、家族カードも選べますが、私は選びませんでした。ただし、この「ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB」での90%の還元率でのポイント移行は、家族カードでは不可能です。もし、ご自身だけではなく、妻にもポイントサイトでのポイント獲得をしてもらうなら、夫婦それぞれでソラチカカードを申し込む必要があります。ご注意ください。年会費は、それぞれ、2,000円(税抜)必要ですが、初年度は年会費無料で、入会や継続で毎年1,000マイルもらえます。それぞれが、ポイントをしっかり獲得していくなら、それだけの価値は十分あるでしょう。

私たち夫婦においては、ポイントサイトでポイントを貯めるのは、私だけがやるので、ソラチカカードも私だけ申し込みました。妻の家族カードもなしです。妻の中に、積極的にポイント獲得活動をして協力する、というだけの温度感はありません。外食モニター案件に一緒に行ったり、1人旅の許可など、必要な協力はしてくれる感じです。それで十分です。より良い夫婦生活が大切ですから。

また、マイルを変換するコースを4タイプから選べるのですが、私は「マルチポイントコース(5マイル)」を選びました。基本的には、VISAゴールドカードで決裁をメインでしていくので、ソラチカカードはポイント変換用です。そういう前提で、基本的にはマイルを貯めない前提でコースを選びました。特徴に関しては、以下のブログのサイトを参考にして、決めましたので、紹介させていただきます。

 

そして、ソラチカカードの審査は、翌日に通過しました。早かったですね。私は念のため、VISAゴールドカードが届いてから、ソラチカカードの申し込みをしました。後はソラチカカードが届くのを待つだけです。

 

他のANAマイラー系ブログ一覧を見る
  にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ