ANA株主優待券を購入

f:id:ana-tsuma:20161019224708j:plain

第1弾の旅を決め、航空券も購入しました。続けて、ANA株主優待券も購入しました。ちゃんと考えるけれども、行動することは大切。動くことで見えることがある。これは結構まじめに、モットーとしているので、動きます。仕事帰りに金券ショップによって、ANAの株主優待券を購入しました。

 

妻は、牛丼などあまり食べません。そもそもお米をあまり食べません。でも、吉野家の豚丼は好きなようです。でも、紅しょうがはあまり好きではないです。

 

金券ショップで購入

ANA株主優待券は、金券ショップで1枚5000円でした。ブログなどでは4500円くらいで購入、オークションでまとめて購入、という記事もありましたが、まずは勉強代だと思い、2件の金券ショップを見て、1枚5,000円で2枚購入しました。

私は、そもそも金券ショップはあまり行きません。過去に、家に眠っていたテレホンカードや、ジェフグルメカードとか、現金に換えようと思って、利用したことはありました。でも、金券ショップで購入するというのは、何気に初めてでした。

1月9日の帰りの石垣-羽田で、さっそくANA株主優待券を使うかもしれません。もし、使わなかったとしても、2月や3月に、沖縄往復旅行をするなど、どこかで使えばよいのです。と思って、思い切って購入してみたのです。

 

ANA株主優待の特徴

ANAのウェブサイトや、様々なSFC取得関連のブログをみて理解した、ANA株主優待の特徴をまとめます。

  • 株主優待券の名前通り、株主は毎年ANAからもらえる(保有株数による)
  • 株主優待券は、株主でなくても使える
  • オークションや金券ショップで売却・購入することができる
  • 国内線が対象である
  • 普通運賃の半額になる
  • 半額まではならないが、プレミアムクラスも対象である
  • 便の時間に関わらず値段は変わらない
  • 競争倍率は高いが、値段だけならプレミアム旅割28の方が安い
  • 正月、GW、お盆などは、株主優待の座席数に制限がある
  • 有効期限があるので、期限内に利用する必要がある
  • 便のキャンセルや変更が無料でできる

ざっと、このような特徴があることがわかりました。便のキャンセルや変更が無料で可能というのは、とてもよいですね。普通運賃の航空券と同じ条件ということなのだと思います。ある土日に沖縄往復をプレミアム株主優待の航空券を購入していたけど、都合が悪いからキャンセルや変更しよう、ということが無料で可能になります。宿泊する場合も、比較的直前までキャンセル無料のホテルを選んでおけば、キャンセルや変更は、ほぼノーリスクですね。

 

プレミアムクラスならプレミアムポイントも増えるので、プレミアム旅割28やプレミアム株主優待が、SFC取得の旅で好まれるのもよくわかります。私はこの株主優待をいつ使うかなど、具体的な計画はまだありませんが、とりあえず2枚だけ購入しました。ブログを書くという観点でも1度は使いたいですし、プレミアム旅割28は、空席照会などを見ている限り、確かに競争率が高そうなので、このANA株主優待券は、必ずどこかで使おうと思います。

ANA株主優待券は、スクラッチを削ると番号が出てきて、この番号を航空券の購入後、搭乗前に登録する必要があるのですが、スクラッチを削る前であれば、最悪、金券ショップに売るということもできますね。でも、私としては、どこかで使いますよ。

 

他のANAマイラー系ブログ一覧を見る
  にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ