第1弾、年始のSFC旅行決定

f:id:ana-tsuma:20161019223418p:plain

頭の中で考えたり、シミュレーションをしたりと、数日前からなんとなく考えていた、SFC取得の第1弾旅行。年末年始の休みに、仕事の有給休暇をつけて、年始に第1弾の旅をしたいと思っています。できるだけ、旅そのものも楽しみたいし、妻を味方につけるためにも、第1弾は妻と旅行をすることも念頭においています。色々と旅の計画を練り、妻とも相談しながら、最終的に決定した第1弾SFC取得の旅は「妻と行く石垣島!からの1人バンコク」です。


妻とは、結婚する前に、正確に言えば付き合う前に、一度だけ石垣島で一緒に時間を過ごしています。しかも、それは1月1日。今回の妻との石垣島の旅も、1月1日から始まります。これは狙ったわけではなく偶然なのですが、さすがにちょっと感慨深いですね。

 

年始のSFC旅の基本計画

私の年末年始休暇は、12/30~1/3までが休みです。SFC取得を目指す場合、旅の始動は1/1です。1月の4.5.6を有給休暇にすることができれば、7.8.9が3連休なので、1月1日~9日までの9日間を休めます。年末から考えれば11日間の連続休暇です。

「アイスランドで年越し」をいつか実現したいのですが、かなり予算が掛かることと、2016年の内の年末のフライトは、2017年のプレミアムポイントにならないこと、また結論として、妻は4.5.6の休みが取るのが難しいこともあり、今回は断念しました。それならば、がっつりとSFC取得の旅にしたいと思います。

1月の4.5.6の3日間、仕事が休めるかは、現時点では確定していませんが、これから仕事や仕事関係者とは調整をかけていきます。昔から、旅行が好きで、今までも調整してきました。やると決めたらやります。ある程度、調整しやすい仕事環境というのもありますが。9日間は、旅行も十分に楽しめる期間です。

妻に関しては、1月3日までが休みで、4日くらいは休めても、5~6日も含めた3連休を取れるかはわからないということで、妻と話し合って、大枠の方向性が決まりました。年始の旅行の基本計画は、次の通りです。

  • 1/1~4まで、妻と旅行
  • 1/5~9日まで、1人旅

お互いの実家などは、年始をずらして行きます。妻の実家は距離も近く、頻繁に会っていますし、私の実家は、渋滞を回避するためにも、正月やお盆を外して帰省することが多いので、特に問題なしです。

 

前半は夫婦で石垣島の旅

1~4日までは妻と旅行し、5~9日までは1人旅というような組み方になりました。具体的にどこに行くかを決めますが、プレミアムポイントを貯めることを考えると、海外であれば、シンガポール、バンコクをイメージしていました。夏に夫婦でベトナムとバンコクを旅しており、シンガポールも妻の中でピンとこなかったようです。そして、1~4日までの4日間ということもあり、それならは沖縄はどうだろう、という話になりました。

妻は沖縄の竹富島に行ったことがなく、私は竹富島が好きで何度も行っています。前々から、一度は妻を竹富島に連れて行きたいなと思っていました。竹富島は、石垣島からフェリーで10分ほどの小さな島です。「じゃあ石垣島にして、竹富島にも泊まろうよ」という話になり、妻も乗り気だったので、まず1~4日は夫婦で石垣島&竹富島の旅が決まりました。

沖縄は、私が日本で一番好きな場所で、何度も行っています。石垣島も5回目くらいでしょうか。妻を竹富島に連れていきたいし、石垣牛もまた食べたいし、今からワクワクします。

 

夫婦旅からの1人バンコク

1~4日までは、妻と石垣島に行きます。5~9日はANAのプレミアムポイントを貯めるための1人旅をしていい、よと妻の了承も得ました。実は、もし前半で石垣島に行くなら、こうしたいなというイメージは、すでに私の頭の中にあったのです。

なので、3割くらいは私の誘導です。でも3割です。7割は、妻との旅行メインです。SFC取得の1発目の旅なので、ここで妻を味方につけておくことが肝心です。妻の理解なくして、幸せなゴールはありえません。妻を竹富島に連れて行きたいというのは、昔からの本気の想いですからね。それに、妻が仕事を休めないのも、仕方ないことですからね。

私が考えた基本プランは、次の通りです。
羽田-石垣-羽田(成田)-アジア-羽田(成田)-石垣-羽田

先日のブログ記事にも書き、多くのSFC取得をされている方が取り上げている、国内乗継を絡めたフライトです。便数も多いことから、石垣ではなく、那覇を経由する事例が、圧倒的に多いです。しかし、石垣島でも旅程が組めれば、同じようにできますし、那覇よりも距離があるので、プレミアムポイントがさらに少し増えます。かつ、妻との石垣島旅行もできちゃうわけですから、一石二鳥どころか、一石三鳥です。

上記日程で、ANAのウェブサイトで航空券を検索し、旅作ツアーを検索し、ポイントシミュレーションも繰り返した結果、導き出されたのが「妻と石垣島旅行からの、バンコク1人旅」でした。妻と話す前に、妻が休めない可能性のひとつとして、すでに調べていました(笑)

この旅程なら、1人旅の間も2泊できるので、プレミアムエコノミーの旅作も選択肢に入ります。旅作でいくつかのパターンを調べたところ、やはりシンガポールかバンコクの2択になり、ホテル代も含め、バンコクの方が安かったことと、バンコクでも旅程が組めること、そして、私はシンガポールよりタイの方が好きなのです。それで、バンコクにしました。

 

具体的な旅計画

フライト時間や乗継時間などを色々と考慮した結果、次の旅程にしました。

1/01祝 羽田-石垣 1147ML 1836PP (E)
1/04水 石垣-羽田 1530ML 2448PP (E)
1/05木 成田-タイ 3586ML 4703PP (PE)
1/08日 タイ-成田 3586ML 4703PP (PE)
1/09祝 羽田-石垣 1530ML 2448PP (E)
1/09祝 石垣-羽田 1147ML 1836PP (E)
※MLはマイル、PPはプレミアムポイント
※(PE)はプレミアムエコノミー、(E)はエコノミー

ANAゴールドカードでのマイル増を含めて、マイル計算はしていますが、これで12,526マイル貯まり、17,974プレミアムポイントが貯まります。もし、1/9の帰りの便をプレミアム旅割28や、プレミアム株主航空券にできれば、19,598プレミアムポイントになります。あと、妻の石垣往復の2,294マイルは、ファミリーマイルとして、私がいただく予定です。

9日の航空券次第ですが、この旅だけで、50,000ポイントの4割ほどが貯まる計算になります。これはなかなか大きいですね。石垣島からバンコク往復を、プレミアムエコノミーの旅作にすると、成田-バンコクで片道4,703プレミアムポイントがつき、石垣-羽田の国内乗継は、2,448プレミアムポイントになります。これだけで14,302プレミアムポイントです。それに、最初と最後の羽田-石垣往復分も加わります。

旅作での成田-バンコク

f:id:ana-tsuma:20161019221927p:plain

石垣-羽田の国内乗継

f:id:ana-tsuma:20161019222102p:plain

しかも、国際線のフライトにおける国内乗継区間の往復航空券代は、わずか1万円くらいです。でも、プレミアムポイントはしっかりと貯まるのです。SFC修行をされている方々が、沖縄にわざわざ行って戻ってきて、海外に行く旅程にする理由がよくわかります。

それで、今回はまさにこの形で組んでみたのです。行きの石垣島経由は、妻との旅行を兼ねているので、プレミアムポイントの獲得ためだけの移動ではない、というのが美しいです。帰国時の石垣島経由は、ポイント目的の石垣島日帰り往復です。SFC修行気分を味わおうと割り切りました。

4日と8日は、一度、家に帰ります。羽田-自宅-成田と、この移動日は少し膨らみますが、ホテル代が掛からないですし、機内泊で疲れることもないですし、妻と一緒にいられるということも、妻を味方につける意味では、妻に寄り添っています。

 

獲得単価は?

掛かる総費用の計算と、プレミアムポイント獲得単価を考えます。これは、どこまでを計算に組み入れるか、少し迷います。妻の航空券、ホテル代、羽田や成田への交通費、旅行で使う食費や遊びのお金。旅作に含まれているホテル代。何をどこまで入れるかで、大きく変わってきますからね。特に妻の航空券とか、妻と泊まるホテル代とか、金額も大きいです。ここでは、できるだけ、一般的な1人でのSFC取得のスタンダードな形に近づけるべく、私1人分の航空券と、旅作でのホテル代までを含めて、計算してみます。

石垣-バンコクの旅作が約11万円です。最安値は10万円を切りましたが、ホテルを少しだけ良いところにしました。アクセスのしやすさもありますからね。羽田-石垣の往復は、年始だったり、すでに旅割75がないなどで、約5万円でした。少し高いですね。

合わせて16万円になり、17,974プレミアムポイントです。アバウトな計算ですが、1プレミアムポイント獲得単価は8.9円となり、10円を切ります。年始旅行という中では、なかなか良いのではないでしょうか。バンコク2泊分のホテル代も含まれているので。

実際は、妻の石垣往復航空券、石垣島での3泊、夫婦の羽田や成田移動など入れれば、おおよそ25万円程度となります。食費や遊びのお金も掛かるわけですから、本当の意味での総額では、30万円くらいでしょう。純粋な最大効率でのSFC取得からすれば、30万円も使って、17,974プレミアムポイントしか貯まらないなんて、馬鹿げている話かもしれません。

そう考えてしまうと決して安くはないですが、年始に夫婦で石垣島を旅行して、1人でバンコク旅行も楽しんで、17,974プレミアムポイントを取得する旅と考えれば十分な費用対効果はある気がします。妻を味方につけて、旅行も楽しんで、2017年に50,000プレミアムポイントを獲得するのが、そもそもの私のSFC取得スタンスなのですから。

ana-tsuma.hatenablog.com

 

さらに言えば、ANA VISAワイドゴールドカードの入会キャンペーンで、16,000マイルをもらうには、約半年で50万円分はカード決済が必要です。そのうちの半分の25万円程度は、すでにこの旅行の決済で消費できそうなので、このキャンペーンの達成もできるでしょう。

うん、悪くない。ちゃんと、私のスタンスにも沿っています。初心者のデビューとしては、いいんじゃないかな!

 

他のANAマイラー系ブログ一覧を見る
  にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ