読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・お勉強「旅作」

SFC・プレミアムポイント

f:id:ana-tsuma:20161019221322p:plain

プレミアムポイントを貯めるのに、国際線を使うなら、プレミアムエコノミーの航空券が良いらしい、ということはわかりました。しかし、国際線の空席照会から、プレミアムエコノミーの航空券を買おうとすると、わりと値段が高くて、あまりお得感がありません。「旅作」というANAのパッケージでプレミアムエコノミークラスのプランを選ぶと、2泊以上することが条件なのですが、非常にプレミアムポイント獲得効率がよいので、もう少しお勉強を続けます。


妻は、子どもの頃、かなり優等生の部類だったらしいのです。でも、私からみたら、うちの妻は数字に弱い気がします。ベトナム旅行の間ずっと、ベトナムドンと日本円の変換が、頭の中で瞬時にできずにいました。

お客がほとんどいない暇そうな遊園地でドリンクを買おうとしていた時、8,000ドンのお会計に対して、どのお札を出せばいいのかわかっていなかった妻に対して、暇そうにしていたやる気のなさそうな若い店員さんに「やれやれ」っていうポーズを目の前でされていました。その体験が、ベトナム旅行イチの屈辱らしいです。


お勉強の記事が続きます。それくらい覚えることが山盛りあるということです。でも、本気でSFC取得をやりたい方は、こういうことも楽しめるかどうかは、わりと大切な要素だと思います。人によって、また生活スタイルによっては、細かい勉強など不要で、効率や単価をあまり気にせずに、お金をドンッとかけてSFCを取得するという道もあるでしょうし、あまり考えずに、誰かのブログのやり方を忠実に真似る、というのもありだと思います。

私は、最初の頃の記事に書いた「SFC取得へのスタンス」があるので、結構、ちゃんと調べて、理解しながら、取り組んでいます。

ana-tsuma.hatenablog.com

 

旅作というパッケージ

「旅作」は、往復航空券と宿泊(最低2泊以上)がセットになったANAが提供している国際線、および国内線のパッケージです。最低2泊の宿泊をセットにする必要があるので、短期間の旅程でプレミアムポイント獲得をするには不向きです。しかし、私のように旅行も楽しむような人、つまり2泊以上の旅程で考えることができるならば、プレミアムポイント獲得単価を抑えられるお得なプランとして検討できます。

ひとつ前の記事で取り上げた例(1月の成田-バンコク)で、エコノミーでの航空券と、プレミアムエコノミーでの航空券、そして、旅作のプレミアムエコノミーを比較します。

エコノミー往復、7万円代〜。
4,968プレミアムポイント。

プレミアムエコノミー往復、11万円代〜。
10,736プレミアムポイント。

旅作プレミアムエコノミー往復、9万円代〜。
10,736プレミアムポイント。

旅作のプレミアムエコノミーは、選ぶホテルのグレードにより変動しますが、費用はエコノミー航空券とあまり変わりません。でも、プレミアムポイントは倍以上になります。しかも、旅作には2泊のホテル代も含まれています。非常にお得ですね。旅作セール対象の期間や路線などによって、もっとお得な時もあれば、逆にあまりお得でもないこともあるため、必ずANAのウェブサイトで、自身の旅程で調べましょう

プレミアムエコノミーでのお得な旅作プランは、1回の旅行で獲得できるポイントも多くなるため、50,000プレミアムポイントを貯めるための旅行回数も減らせます。プレミアムポイント獲得単価が下がり、効率的に貯められるだけではなく、旅行も同時に楽しみたい方や、短期旅行回数で達成したい方にも、旅作は非常に魅力的なプランです。

また、わりとお得なプランが多いアジア(シンガポール・バンコクなど)は、フライトも6時間前後ではありますが、やはりエコノミーとプレミアムエコノミーでは、快適さが違います。私は、以前、ニュージーランドに行く時に、ニュージーランド航空でしたが、修学旅行の団体とバッティングしたからか、運よくプレミアムエコノミーにアップグレードしていただくことができ、初めてプレミアムエコノミーに乗りましたが、やはり座席もゆったりとしていて、エコノミーと比べると、やはり快適でした。

私は40歳になりましたが、まだ5~6時間のフライトなら、エコノミーでもまだ苦になりませんよ。でも、夏のタイ・ベトナム旅行で、タイから帰国し、自宅にちょっと寄って、再びその日の深夜便でベトナムに行きましたが、そのベトナムへのフライトは、さすがにちょっと疲れを感じました。プレミアムエコノミーの座席だと、1回の旅行単価は上がりますが、プレミアムポイント単価は下げられることと、快適な旅が楽しめると思います。私はいいなと感じました。

自分が行く地域と日程によっても、航空券代もホテル代も変化します。通常の航空券や旅作のセールなどにもよって、それぞれ金額は変動するので、一概にお得であるとは言えませんが、基本的にはお得なことが多い、と言えます。

最終的には、自分が行く場所と日程で調べて、セール期間中などの間に、その内容・価格で予約するというタイミングで調べた数字が、正解な数字になりますが、基本的にはお得であることが多く、私は次のように捉えました。

2泊以上するような旅も楽しむスタンスならば、旅作のプレミアムエコノミーのプランは、プレミアムポイントを獲得する効率が非常によいので、優先的に検討したい。

ただし、地域によってはプレミアムエコノミーシートが設定されていないこともあったり、設定されていても便に限りがあったりもするので、旅程の計画に当てはまるかは、しっかりと確認すること。

 

さらにお得な旅程の組み方

旅作を含む海外路線のANA便に、国内乗り継ぎを組み込むと、その国内乗継区間は、ざっくりですが往復1万円くらいで搭乗できたりします。しかし、国内乗継区間のプレミアムポイントは、旅割で航空券を買うよりも多くもらえるのです。

「東京-シンガポール」の往復ではなく、例えば、「東京-那覇-東京-シンガポール-東京-那覇-東京」というような旅程を組むと、プレミアムポイントがガッツリ貯まり、プレミアムポイント獲得単価もグッと安くなります。最初と最後の東京-那覇の往復は、旅割などで別に購入して、那覇-シンガポール(東京で乗り継ぐ)の往復を購入すると、この那覇-東京の国内乗継が格安でプレミアムポイントはいっぱいという状態を作り出すことができます。そうすると、この旅程全体でのプレミアムポイント獲得単価も低く、かつ、1回の旅行で大きくプレミアムポイントを稼ぐことができます。

こうやって、わざわざ那覇を経由して、旅行にいく乗り方を、那覇タッチとかOKAタッチと呼ばれていたりもします。この旅程の組み方は、興味があったので色々と調べましたが、たくさんのブログで紹介されていました。
※OKAは那覇空港の略称

この乗り方に関しては思うところがありまして、私もやりたいなと思っていますので、その時には、しっかりと記事にしたいと思います。

 

最終的にはスタンス次第

プレミアムエコノミーの旅作が良いか悪いかは、最終的には、1人ひとりのSFC取得のスタンスによると思います。最大効率や最小獲得単価を目指す人、少ない回数で短期で終わらせたい人、快適なフライトで効率よく稼ぎたい人、どうせなら色々な国に行きたい人、人それぞれなので、合う、合わないが出るものです。

例えば、SFC修行と呼ばれているような、プレミアムポイントを獲得することを最重要とする旅程であれば、話は違うのでしょう。SINタッチと呼ばれているようですが、シンガポールに着陸して、空港から出ないで、また往路の便で戻ってくるような、シンガポールにちょっとタッチして、すぐに戻ってくるような、まさに修行のような旅程の組み方であれば、そもそも2泊が前提の旅作は、選択肢にないのだと思います。

こういうSINタッチの乗り方なら、土日で往復できますし、3連休に、OKAタッチとSINタッチを合わせた、東京-那覇-東京-シンガポール-東京-那覇-東京みたいな旅程も組めますね。私のスタイルとは異なりますが、職場の有給休暇などを使わずに、SFC取得をしていくこともできるわけですし、効率を追求するのであればホテル代も掛からないことから、まさに理想的ではないでしょうか。

プレミアムポイント効率や旅程が組みやすさから、このようなシンガポールへのフライト情報は、色々なブログで本当にたくさん出てきました。もっと厳密に言えば、セールの航空券とかが出ているタイミングであったり、シンガポール以外の地域でも、プレミアムポイント獲得効率のよい路線とタイミングもあるようですが。

 

選択肢は他にもある

ここでは、海外旅行でのプレミアムエコノミーの旅作についての良し悪しを考えていますが、本来は、他にも選択肢はたくさんあります。例えば、国内路線でプレミアム旅割28やプレミアム株主優待を使うとか、海外路線でエアチャイナでビジネスクラスを使う、など。

この記事では、ANAの便を利用する前提で書いていますが、プレミアムポイントの50,000ポイント全てを、ANA便で獲得する必要はなくて、25,000ポイントはANA便で獲得し、残りの25,000ポイントは、スターアライアンスなどの提携航空会社の便でもよいのですね。だから、安くて、プレミアムポイントも貯めやすいエアチャイナというような話も出てくるわけです。

SFC修行をされている方々のブログを見ると、本当に色々な選択肢があるのがわかります。私は、今の時点では、まだ何もしていないので、これからプレミアムポイントを貯める旅も計画して、実際に旅に出る時に、自らの体験を通じて、ちゃんと自分の言葉で記事にしたいと思います。


今の私では十分なことが書けませんので、先人の方々のブログを参照してください。いずれ、色々なことをお伝えできるようになり、体系的にお伝えできるよう、続けていきます。学べば学ぶほど、選択肢は増えていくのだと思います。私も、選択肢を増やしていきたいと思います。

 

他のANAマイラー系ブログ一覧を見る
  にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ